出会い系サイトを利用する人が増え、リアルな出会いを実現できたという人もたくさんいる一方で、出会い系サイトによるトラブルも数多く報告されています。
出会い系サイトは、インターネットを使って異性との出会いを見つけることができる大変便利なサービスなのですが、その利便性を逆手にとった悪質なサイトも数多く存在しているのです。
ここでは、出会い系サイトを安心・安全に利用するうえで注意しなければいけないことをいくつか紹介しておきましょう。

出会い系サイトでのトラブル

出会い系サイトでのトラブル

 
出会い系サイトによるトラブルを大きく分けると、サイト自体に起因するケースとサイトを利用する人に起因するケースがあります。
サイトに起因するケースでは、サクラを使った詐欺行為やダミーサイトによる個人情報の詐取などがあります。
また、人に起因するケースでは、悪意を持った利用者が他の悪質なサイトに誘導したり、美人局によってお金を脅し取られるといったケースもあります。

このようなトラブルは警察や消費者救済センターなどに被害として届けられることもあるのですが、出会い系を利用しているという後ろめたさや被害が小さいという理由から届け出ない人も多く、実際にはどれほどの被害があるのかは計り知れません。
出会い系サイトで被害に遭った場合は直ちに関係機関に届け出ることが臨まれますが、それ以前に悪質なサイトを見極めて利用しないこと、そして悪意のある相手を見極めて対処することが大切です。

次に、主なトラブルの事例と対処法について見てみましょう。

サイトに起因するトラブルと対処法

サイトに起因するトラブルと対処法

 
利用する出会い系サイトが悪質なサイトだった場合は、金銭的なトラブルに巻き込まれる可能性があります。
そのひとつがサクラによる詐欺行為です。
サクラの目的や手口については「こんなサイトは出会えない」という形で紹介しているので割愛しますが、サクラの手口も以前に比べて巧妙化しており、気付いた時にはすでに被害に遭っていたという人も多いので細心の注意が必要です。

サクラの被害に遭わないようにするためには、サクラのいないサイトを利用することになりますが、その際役に立つのがクチコミや評価サイトです。
クチコミや評価サイトでは、実際にそのサイトを使っている人の評価や感想が書かれているので、サクラのいないサイトを選ぶ際の参考になります。
ちなみに、当サイトで紹介しているポイント制や定額制のサイトは、10年以上の運営実績があり、利用者も多くサクラを置くには料金設定が安価なところばかりなのでサクラの心配はほぼありません。
私も全てのサイトに登録していますが、サクラに遭遇したことは一度もありません。

サクラに遭遇した時の対処法は、直ちにそのサイトを退会することです。
サクラは、サイト側の人間が会員に成りすまして、一般の会員とのやり取りの中で料金をだまし取ることを目的としています。
サクラを置いているサイトには、アルバイトで雇われたサクラだらけのサイトもあれば、少数のサクラが紛れ込んでいる場合もありますが、一人でもサクラがいる時点でそのサイトは料金をだまし取る悪質なサイトですから利用する価値はありません。

悪質なサイトには、個人情報を不当に詐取するダミーサイトなどもありますが、表向きは普通のサイトに見えるので見極めは非常に困難です。
しかし、ダミーサイトは実際に出会えることはないので、評価や知名度は高くはありません。
ですから、あまりメジャーではないサイト(知名度の低いサイト)の利用は控えるようにしましょう。
なかには、新たに運営を始めたサイトもありますので知名度が低いサイトのすべてが悪質なサイトとは言えませんが、安心・安全に利用することを最優先に考えるのであれば、知名度の高い優良と呼ばれるサイトの利用をおすすめします

人に起因するトラブルと対処法

人に起因するトラブルと対処法

 
いくら優良と呼ばれるサイトを利用していても、悪意を持って利用している相手に遭遇した場合は、思いもよらないトラブルに巻き込まれる可能性があります。
この場合は、サイト自体には瑕疵がなく利用者の質の問題となりますので、見極めは容易なことではありません。

人に起因するトラブルでよく耳にするのが他のサイトへの誘導です。
誘導する人間は外部からの侵入者で一般の会員として紛れ込んでいるので、どのサイトも監視に力を入れています。
ただ、ポイント制や定額制のサイトにお金を払ってまで誘導に来る侵入者はいませんから、主に無料の出会い系サイトで注意が必要となります。
誘導の手口は、「私が使っているサイトでやり取りしましょう・・・」とか「もっと使いやすいサイトがある・・・」などと巧みに誘導します。
誘導されたサイトは高額な有料のサイトの場合が多く、登録と同時に誘導した相手とは連絡が取れなくなります。

誘導してくる相手の対処法は、やり取りを中止すること。
そして、利用しているサイトの運営者に報告することです。
先ほども書きましたが、どのサイトも誘導のための侵入者に対する監視に力を入れています。
ですから、報告することで登録を抹消するなど厳しく対応してくれるので、被害が拡大することを防ぐことができます。
私も経験がありますが、有名な某優良サイトで女性側から人気SNSのIDを教えられ、そこでのやり取りの誘いがありましたが、ネットでそのIDを検索したところたくさんのユーザーから指摘されている悪質な誘導者であることがわかりました。

出会いを目的としたサイトで、他のサイトやSNSへ移動する意味はほとんどありません。
相手に本当に出会う気があれば、今使っているサイトでも十分出会えるはずです。
だって、やり取りができているわけですから・・・。
SNSへの登録や直アドの交換は、一度本当に出会ってからでも遅くはないはずです。

質の悪い利用者という意味では、美人局を目的とした利用者もいます。
美人局は、実際に女性と合うことができますが、そのときその女性の彼氏や関係者を名乗る男性が現れ、出会い系サイトを利用したことをネタにお金をゆすりとろうとします。
美人局への対処法は、実際に会ってからではことが大きくなりますので、できればやり取りの中での見極めが必要になります。

ひとつの例を挙げると、美人局は実際に会ってからお金を要求してきます。
つまり、相手は早く出会いたい立場なのです。
ですから、メールでのやり取りの中で「すぐ出会いたい・・・」とか「早く会いたい・・・」など、女性の方から積極的に会いたがる場合は注意が必要です。
また、やり取りの中で女性の方から連絡先の交換を申し出てくる場合も注意しておいた方がいいでしょう。
もちろん、積極的な女性がみんな疑わしいわけではありませんが、やり取りがあまりにも自分にとって都合が良い場合は慎重な対応も必要です。